ザ・チューダー・トレイル

Standon-Lordship

Standon Lordship

Henry-VIII-Holbein-tudor-tours

Henry VIII – Holbein

偉大なチューダー政治家の人生を辿ります。近年、ヒラリー・マンテルのベストセラー小説”ウルフ・ホール”と”Bring up the Bodies”によって再び注目を集めています。チューダーは運よくトーマス・クロムウェルの後見人となり質素な幼少期を送ります。この縁が、後に他ならぬヘンリー8世に信用される宮廷人への道を与えるのです。その後も偉大な政治家となる道を選び、イングランド大使としてスコットランドへ派遣されます。

私たちは彼の人生とその偉大な功績を辿ります。驚くべきことにあまり知られていないロンドン郊外の中心地にある彼が建てた家を訪れます。美しいままに保存されたジョージアン・テラスや18世紀に建てられた教会、それより遥か昔の祖先たちが残した遺物も見ることでしょう。17世紀の偉大な日記作家、チャールズⅡ世の友人であるサミュエル・ピープスや彼の教会で取ったある淫らな行動についても聞くでしょう。ピープスはこの後のツアーでも突然出現します。

Standon2653

Standon

その後、私たちはハートフォードシェアー地方に繰り出し、我らがヒーロー・チューダーが亡くなり、埋められた古びた町の教会を訪れます。私たちはなんと1550年に建てられたパブで昼食や軽食を取ります。我らの偉大な政治家・チューダーもしばしばそこを訪れたと考えてよいでしょう。その他にもたくさんの古い家や現代まで生き残った建物の数々をご覧いただきます。チューダーやスチュアートの時代の建物は、サミュエル・ピープスが事あるごとに泊まったパブと合わせて、この辺りには多く残されています。

こちらはいろいろな意味で本当に刺激的なツアーです。お客様がぎょっとされないようにツアーの後でお話しする怪談もお楽しみのひとつです。

お客様をまだパブから引きずり出せる状態でしたら、私たちはスタート地点のロンドンに戻りツアーを終了します。こちらは1日がかりのツアーですので、終了時間は多少前後する場合があります。

戻ってツアーへ

予約このツアー

Standon2677

Henry VIII’s ambassador to Scotland